Thursday, May 15 2008

キノの旅:「わたしの国」 (excerpt)

[This quarter, I’m taking a class that’s focused on reading authentic Japanese text. Everyone finds something short to read, makes copies for the entire group, and prepares a vocabulary list. Well, we’re supposed to be making vocabulary lists, although so far I’m the only one to do so. Two of the pieces I’ve brought in have been from illustrated books, and it seemed wasteful to photocopy the whole things, so I typed them in and added some furigana.

The first one wasn’t really authentic Japanese, being from the ASK reader series, but the teacher really liked that author and wanted us to read it. The second is more contemporary, and I thought it might be of general interest. It’s the latest short story from the Kino’s Journey series. I’m just posting the first scene, since it’s both illegal and darn rude to reprint the whole thing. If you like the story, buy the book, which also includes a DVD of the second Kino movie.

I’ve added a lot more pop-up furigana (with English translations) than I need myself, to give more people a chance to work through it.]


 わたしの国にキノと名乗る旅人が入ってきたのは、二日前のことだ。
 まだ若い旅人で、黒いジャケットを着ていたには大口径のリヴォルバー、背中には自動式のハンド・パースエイダー(・パースエイダーは銃器。この場合拳銃)を吊っている
 旅の道具は、エルメスと名づけられた一台のモトラド(注・二輪車。空を飛ばないものだけを指す)だった。後輪両脇と上に、旅荷物満載していた。

 わたしの国に旅人が来たのは、公式記録によると実に二十八年ぶりのことだ。
 当然、わたしにとっては、初めての旅人となる。
 この国は近く国々からとても離れているし、繋がるしっかりと整備されていない。生えない荒れ地にあるのは遊歩道のような細い道だけで、馬車やトラックでは大変だ。
 馬だと、途中草地水場もないので難しい速度が出せ、かつ小回りがきくモトラドだからなんとか来られたのだろう。
 旅人は国民大歓迎され、食事振る舞われ、とても楽しんでいる様子だ。
 モトラドにも燃料たっぷりと補給され、完全調子になるまで整備された。科学技術進んだこの国では、とても簡単なことだ。
 国民も、久々お客嬉しく思っているに違いない。いろいろと世話をかって出て、旅人がすばらしい思い出を作れるよう腐心している。
 そしてわたしは、その旅人を殺すことにした。